弊社のラボ開発は弊社ベトナムオフィスにお客様専用の開発体制を構築し、遠隔でソフトウェア開発を行う開発形態となります。

- 開発者が主体性を持って開発に参加し、サービスの初期開発〜成長までを専属チームとして従事出来ます

- アジャイルスクラムを基本とした柔軟で素早い開発と改善を行うことが出来ます。

弊社ではBPM(Bridge Projects Manager)とエンジニア(Web/App)をプロジェクトにアサインし運営して行きます。プロジェクト進行に関してはBPMとお客様とで直接やり取りを行い、仕様の伝達・インプット/アウトプットの明確化・役割分担と責任範囲を決定しマネジメントしています。

- 仕様書を頂き内容把握(もしくは要望を伺いご一緒に作成)

- 日本語のドキュメント類をベトナム語、または英語に翻訳

- 必要な作業や機能など、タスクの洗い出し

- 進捗管理
└ チケット管理ツール (BackLogやRedmineなど) を用いて進捗やアサイン管理
└ 開発者からの工数見積もりをチェック、最終的なスケジュールを算出し見積り
└ 日報やミーティングなどで進捗の報告、または相談

- テストケース作成
└ 開発者による実装が終わり次第、テストケースを使いテスト実施(エビデンス記録)
└ バグリスト作成、不具合箇所のまとめ
└ 修正箇所などあれば都度開発者に伝え、再び修正とテストを実施

- リリース後、本番環境での動作確認

弊社独自の基準を用いて、プロフェッショナルな人材を登用しています。

- 全員がマルチ言語を扱い、開発の全行程の責任を持って対応できる人材

- 新しい技術への対応も可能な基礎力の高いエンジニア

- 社内でアーキテクト/設計教育を実施

1つでも当てはまればご相談を!

・スタートアップ・新規事業の素早い立ち上げをしたい

・小さい体制でスタートしリスクを抑えたい (少数精鋭で、最低1.5人月から開始可能)

・コンシューマ向けのサービスで継続的に改善していきたい

・英語でのやり取りに不安がある

お問い合わせ

CopyRight @2019 Vitalify Asia. All rights Reserved